カテゴリー別アーカイブ: スタッフブログ

ABC実行委員の活動状況など

トラック紹介 「学生・団体」トラック

本日開催しておりますABC2013Aです。午後のセッションの紹介をさせて頂きます。

「学生・団体トラック」は、学生部と、日本Androidの会と関係のある団体と、コラボレーションを行って作り上げたトラックです。様々な団体と日本Androidの会は共に活動を行っています。このような、コミュニティーの広がりも、多様性の一つではないかと思っています。

http://www.android-group.jp/conference/abc2013a/conference/academic/

学生コーディネートのトラックには、是非、学生の方、ご参加下さい!!
講演者下さる方から、学生に向けてのお話も、もらえると思います。

  • 【学生部コーデイネート】
    • こんなAndroidデバイスに期待!
      青森公立大学経営経済学部 准教授 木暮 祐一
      携帯博物館や、数々のメデイアでお見かけする木暮先生のご登壇です。

    • 「失敗はシャンパンで祝おう -新サービス立ち上げの舞台裏」
      株式会社ミクシィ 中澤 理香

  • 【JSSECコラボレーションセッション】
    JSSECとは日本スマートフォンセキュリティ協会です。Androidのセキュリティーに関して、JSSECセキュアコーデイングガイドで有名な松並さんにご講演頂くことができました。Androidにて、セキュリティーの守るためにアプリ開発者の行うべき事を紹介して頂きます。

    安全なAndroidアプリの作り方を教えます!
    日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)技術部会 セキュアコーディンググループリーダー 松並 勝

  • 【html5j コラボレーションセッション】
    html5jは日本最大のhtml5に関するコミュニティーです。日本Androidの会とは、2013年5月に合同の勉強会を開催しまして、大盛況に執り行うことができました。今回は「 魅せるiPhoneサイト 」「 スマートフォン制作の教科書(共著) 」を著書として持つ谷 拓樹さんにCSSについてお話頂きます。

    Thinking about CSS Architecture
    株式会社サイバーエージェント Webディベロッパー 谷 拓樹

  • 【CEDEC コラボレーションセッション】
    CEDECとはコンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンスであり、エンターテイメントの開発者のカンファレンスを行う団体です。CEDEC2013のイベントで日本Androdiの会コラボレーションのセッションを実現し、人気を得たことを機会に、今回のコラボレーション企画が実現できました。

    メイキング・オブ・デーモントライヴ : Unityによるハイエンドモバイルゲーム制作(CEDEC2013リメイク)
    株式会社セガネットワークス アート&デザイン部 樋口 雄一

  • 【MCPCコラボレーションセッション】
    MCPCはモバイルコンピューティング推進コンソーシアム(http://www.mcpc-jp.org/)で、国内のモバイル普及に取り組んでいる団体です。日本Androidの会と、覚書を結びいくつかの共同の取り組みを行っています。今回はモバイルクラウドに関してのご講演を頂き、アプリケーション開発にむけた呼びかけがあると思います。

    MCPC モバイルクラウド委員会で考えるスマホアプリケーション
    MCPCモバイルクラウド委員会副委員長CIS-WG主査 柏山 正守

    当日登録はこちら → https://www.android-group.jp/event/event23.html


トラック紹介 「デザイン・開発」トラック

本日開催しておりますABC2013Aです。午後のセッションの紹介をさせて頂きます。

毎回のABCで「デザイン・開発トラック」は人気のセッション。今回もデザインに関する興味深いセッションを用意しています。特に今回は、企業でのデザインやUXに関するセッションが新しい目玉となります。

http://www.android-group.jp/conference/abc2013a/conference/design/

【デザイン】

  • 質の高いUXを実現するためにやるべきこと
     Surface&Architecture UXデザイナー 今村 健
     企業をクライアントとしたAndroidアプリの開発やUXコンサルティングに携わる、今村さんによるセッション。Android搭載端末の、デザイン構築がどのように行われているか、どのようにUXを向上させているのか、知るまたとない機会となります。

  • 「理論で分かる、デザインのファーストステップ」あんざいゆき x 小太刀御禄 対談
    株式会社ウフィカ 代表取締役あんざいゆき
    イラストレーター・デザイナー 小太刀御禄
     「Android Layout Cookbook」や「Android UI Cookbook for ICS」の執筆で有名なあんざいゆきさんと、webデザイナーや広告デザインから新規事業開発、自社メディア担当まで担当経験をもつイラストレータの小太刀御禄さんとのトークセッション。

  • Androidのデザインパターンとアンチデザインパターン
    AKQA Group User Experience Director 佐藤 伸哉
    最近はモバイルプラットフォームの戦略、特にAndroidのデザイン戦略やUX設計に携わっているという、佐藤さんは「Smashing Android UI レスポンシブUIとデザインパターン」の翻訳監修を行い、グローバルに活躍するエクスペリエンスデザイナデザイナーです。

【開発】

  • 知っておきたい、画像データ圧縮の仕組みと特長 ~ETC とPVRTC~
    株式会社ウェブテクノロジ 小野知之
    Android 全機種で使用できる画像圧縮方式「ETC」の原理と、前回解説した「PVRTC」についても更に掘り下げて解説していただけます。

  • HTML5ベースのハイパフォーマンスUIフレームワークOnsen UIデビュー! ~Androidでもサクサク動くハイブリッドアプリのUIを簡単実装~
    アシアル株式会社 生形可奈子

    JavaScript入門書「スラスラわかるJavaScript」の著者である生形さんによる、HTML5を用いたハイブリッドアプリ開発のOnsen UIを用いた実装を紹介していただけます。

みなさま参加をお待ち申し上げています。
→ ABC2103A 登録はこちら


会場までの交通のご案内

こんにちは、会場担当の山市です。
明日はいよいよ、Android Bazaar and Conference 2013 Autumnですね!!

さて、明日(10/20)ABC2013autumnにご来場の際に、ご注意いただきたいことがございます。

今回の会場である東京電機大学 東京千住キャンパスは北千住駅から徒歩1分の位置にあり、北千住駅を利用される方が多いと思います。

明日10月20日(日)は、JR常磐線 日暮里駅のホーム拡幅工事のため、JR常磐線が初電から17時40分頃まで上野~北千住間で運休となります。
特に、上野駅からお越しになる場合は、JR常磐線ではなく東京メトロ日比谷線をご利用ください。

迂回路などの交通のご案内はこちらのページをご確認ください。

IMAG1535
みなさまのご来場をお待ちしております。
お気をつけてお越しください!!!

事前登録はこちらから


リストバンド入場方法と事前登録について

NPO日本Androidの会 嶋です。

今回は、ご来場の皆様全員に紙リストバンドを配布します!!
もちろんデザインも日本Androidの会です。こんな感じです!

ABC2013Aリストバンド

ABC2013Aリストバンド

これは紙でできているのですが、これを腕に巻き付けます。一周巻いたあとシール状になっている端を、、張り合わせて固定します。このように腕に巻き付けるタイプをリストバンドと言います。当日は受付に行っていただくと、皆様にこちらをお渡しします。
リストバンドのつけ方

リストバンドのつけ方:提供GiG-BAND.COM


これが受付を行った証となり、リストバンドを見せる事で日本Androidの会の教室を、一日自由に行き来する事ができるようになります。
また事前に登録していただけると、スムーズにリストバンドをお渡しする事ができます。ご協力のほどお願いします。もちろん、「ふらっ」と何の準備もなく立ち寄っても、当日の受付と入場は、できるようにしていますので、安心してご来場ください。
今回の開場である、東京電機大学の北千住キャンパスは、昨年オープンした新しいキャンパスで、様々に設備が最新の仕組みが取り入れられています。校内に入るためには、次の写真図のような「セキュリティーゲート」を通る必要があります。通常だと、学生証や教員カードなどを、このゲートにかざして中に入ります。今回皆様は学生証も教員カードも持っていませんので、ゲートの横に立っているスタッフに、今回のリストバンドを見せて、中に入れてもらうようにしてください。
このように今回は、会場側の都合もありまして、事前登録&リストバンドという運用とさせていただきました。
東京電機大学のセキュリティーゲート

東京電機大学のセキュリティーゲート


ひとつみなさまにお詫びをしなくてはなりません。当会で運用しているメーリングリスト(Google Group)にて、10/15に私が行った次の投稿にて、来場予定の皆様を不安にさせてしまいました。

> ※ 今回は参加申込みされないと入場自体ができなくなっております。ご注意下さい。

こちらの一言しか言及してえらず、一部の方に「来場者の統計情報を取るために行っているのではないか」という心配を与えてしまいました。上記のように、会で統計を取ることが目的ではなく、一部の会場がセキュリティーゲートの中にあるため、ここを通るためにどうしても必要なものとなっているのです。
今後はこのような誤解を与えないよう気を付けていきますので、今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。

繰り返しになりますが、事前登録のお願いをさせて頂いていますが、「ふらっ」と立ち寄れるようにもしています。
是非お気軽にご来訪くださいませ。


当日のUstream中継は行いません。ぜひご来場を!

ノベルティ担当 兼 映像記録担当の米山です。

ABC 2013 Autumn はいよいよ今週末10/20(日)開催です!が、ここで映像記録担当からのお知らせがございます。

定例会ではほぼ毎回 Ustream による生中継を行っていますが、今回は基調講演含め当日の生中継は一切行いません。さらに、講演者の方から許可をいただいた講演につきましては、後日日本Androidの会YouTube公式チャンネルにて動画を公開予定ですが、今回はタイムリーでムフフな内容(?)が多いため、後日公開もNGの講演がいくつかあります

つまり、講演内容を確実に聴講いただくためには当日ご来場いただくしかありません。ぜひご来場いただいて、会場の雰囲気も含めてお楽しみください!

また当日はABC 2013 Autumn スタッフによる写真およびビデオ撮影を行います。スタッフはこの腕章をつけていますので、みかけたらぜひ積極的に写りに来てください!決して逃げないでください!

jag_press_blog

しつこいようですが、今回は会場のセキュリティの都合上、ご来場者の皆様には必ず受付をして頂く必要がございますので事前登録にご協力お願いします。先着1000名様にはステッカーもお配りしますのでぜひ。

それでは当日お会いしましょう!


「自分が一番スキな世界」を感じるユニフォームのご紹介。

こんにちは。事務局のあいたむです。
昨日は第6回の実行委員会も開催され、関係各所の方々との調整も大詰めを迎えております。
まだまだ準備万端という状態ではないのですが、あと一息というところまできました。
会場にイベントスペースを作ったり、今までにないカンファレンスをセッティングしたりと、新しい取り組みにもチャレンジしている今回のABC。
スタッフ一同開催を楽しみにしております!

今日はそんなスタッフが着用するユニフォームをご紹介させてください☆
当日スタッフが着ているユニフォームは、毎回テーマに合わせてイラストを描いてもらい作成しています。

私がユニフォームの発注を担当するのは今回で3回目となりますが、毎回いろいろなドラマが起き、これも一つのABCの風物詩かなと思うようになりました。

ABC2013Autumnでは、前回のSpringでイラストを作成くださった加藤由佳さん(@yucato_ )に、秋バージョンで新しく描きおこしていただきました。

スタッフユニフォームデザイン

デザインを見た瞬間にみんなのテンションが上がって、思わずステッカーを作ってしまったほどです♪

このデザインについてご本人からコメントをいただきました。

世界で一番カッコイイものは、自分が一番スキなもの。
Androidのもつ多様性は、私たちそれぞれの世界に寄り添い より便利で楽しい日々をつくり出してくれます。
そんなAndroidの個性豊かな魅力をこのABC2013Autumnで感じてもらえたら という想いをこめて、このデザインを作りました。

今回のテーマ「多様性のその先に」という趣旨をとてもいい感じにイラストにしてもらえて、これを着てスタッフとして動けることを光栄に思います☆

ABC当日は、このデザインが入ったグレーのパーカーを着ている人がスタッフです。
困ったことやわからないことがありましたら、どうぞお気軽にお声掛けくださいね。

来てよかったと思ってもらえるイベントにできるよう、最後まで精いっぱい盛り上げてまいります。

ご参加の申し込みはこちら!
※今回の会場となる東京電機大学にはセキュリティゲートがある関係で、ご参加いただく方に来場受付をしていただく必要がございます。ご面倒をおかけいたしますが、皆様がスムーズにご来場いただけるよう、ぜひ事前参加のお申し込みにご協力をお願いいたしますm(_ _)m


ヘッドマウント型グラスデバイス「づくし」な講演!!

ABC2013 Autumn実行委員会でプログラム委員のリーダしています嶋です。
今回のイベントの目玉のトラック、その名も「多様なデバイストラック」です。
(ベタな名称で申し訳ありません)

なんとこのトラック、今話題のGoogle GLASSを含めた、ヘッドマウント型ディスプレイ(HMD)の講演が、なんと立て続けに3つご聴講頂けることになりました。
まさに「サンタテ」。たっぷりと堪能されて下さい。

多様なデバイストラック

トラック会場1 (教室番号0204:1204セミナー室) 14:50~17:20

やはり、今の新しいデバイスの旬と言えばメガネ型デバイス。話題に事欠かないウェアラブルデバイスです。「使いやすい」「使いにくい」「不要」などいろんな意見があり、まさに混沌としている状況です。本当に次世代の標準的なデバイスになるのかどうか? そのような疑問も常々話題となっています。

しかし、この方式のデバイスも複数あり、それぞれの特徴もあり、一言でまとめることはできません。各々のヘッドマウンド型のディスプレイでも、考え方や、構成など異なるところが多数あると思われます。これを半日の講演で見られる機会はあまりないと思います。是非楽しみにして下さい。

今回のイベントのテーマは「Road to Reborn  ~ 多様性のその先に ~」です。このような新しいデバイスにもAndroidを搭載するデバイスもあり、まさに多様性を垣間見ることができると思いで本トラックを企画させて頂きました。
一人でも多くの方に聴講して頂きたいので、是非ABC2013Aに足をお運び頂けると幸いです。
皆様ご来場とご聴講お待ち申し上げています!

→ABC2013A参加申込みこちらです。


いよいよABC 2013 Autumnは来週末開催!

ABC 2013 Autumn実行委員長 石塚です.

ABC 2013 Autumnがいよいよ来週末に迫ってまいりました.
実行委員会では,最終準備に追われています.
秘密のグッズも続々と仕上がってまいりました.

今回は,いつもより講演情報や出展情報の掲載が遅れてしまったので,
皆さんをヤキモキさせてしまっていたかもしれません…
申し訳ありません.

そして,お待たせしました!

<カンファレンスプログラム>
http://www.android-group.jp/conference/abc2013a/conference/

ギリギリまで目玉コンテンツを用意できないかと調整を続けておりますので,
まだ「調整中」の文字が残ってはありますが,今回のABCのテーマである多様性
を体現した自信のプログラム一覧となっております.

特に「多様なデバイス」「学生/団体トラック」はこれまでにない今回独自の

試みで設置されたトラックで,今後のAndroidの可能性を感じていただける内容に
なっているかと思いますよ

<バザール出展者一覧>
http://www.android-group.jp/conference/abc2013a/bazaar/

そして,ABCと言えばバザール出展です.
今回も多くの企業/コミュニティ/個人の方にご出展いただきます.
全部で33ブースもございます.

今回のバザール会場には,会場内にステージをご用意しました!
そこでは即興でさまざまなパフォーマンスが披露されます.

ワクワクしてきた方は、是非参加申込をお願いします.

そして,講演者やバザール出展者も一堂に会す,懇親会も
まだまだ申込募集中です!

是非皆様のご参加をお待ちしています

東京電機大学北千住キャンパス


Androidデザインのこれからをデバイスと共に。

はじめまして&こんにちは(・∀・)
ABC2013 Autumn実行委員会でプログラム担当チーム所属のあくやんです。
普段はWebやアプリのデザイン・ディレクションなどやってたりします。
今回ABCに初のスタッフ参加ということで、いままで参加者として来ていたABCがどんな風になるのか、今からとても楽しみです!

自分が今回スタッフに参加させていただくきっかけとなったのは、Androidアプリのデザインについて改めて考えてみたエントリーを書いたことでした。手にしたAndroidの様々なデバイス、アプリをじっくり見ると、デバイスごとにカスタマイズされたホームアプリや、iOSとはまた違った挙動に基づく動作など、デバイスごとに使う人のことをきちんと考えて作られているデザインを見て、考えさせられるものがありました。

Androidで何より楽しいのは、デバイスとアプリをセットでデザインできることなのだと自分は考えています。Googleグラスやdocomoのらくらくホンなどが、わかりやすい例ですよね。

今回のABC2013 Autumnのテーマは「多様性のその先に」。
スマートフォンに限らず、こんなものにまで!?と思うようなものにまでAndroidが搭載されるようになってきた今だからこそ、考えられるAndroidのデザインもあるのではないのでしょうか。

デザイン制作に携わる方にはデザイン・開発トラックはもちろん、その他のセッションについても、これまでの考え方から更に新しい視点でAndroidデザインを考えられるようになるきっかけになっていただければいいなと思っています。

Androidデザインのこれからがデバイスと共にどうなっていくのかについて、ぜひ色々なセッションを聞きに来てみてください。自分もスタッフとして参加しながらもきっとウンウン考えていると思うので、懇親会などでお話できればうれしいです。
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

(っ・ω・)っ一般参加のお申込みはこちら


What’s 日本Androidの会 学生部?

ABC2013Autumn実行委員会 プログラム担当の鈴木 聖裕です!

たぶん、実行委員の中では最年少(19歳)です笑 先輩方を見習って頑張っていますw

さて、タイトルにある「学生部」とは、今年の夏に発足をしたコミュニティです。現在、日本Androidの会のコミュニティ運営委員(社会人)の方々と、リアル学生4人によって成り立っています。
10月2日、渋谷にて学生部発足会を実施したばかりのまだまだ新しい学生部です!
今回のABCでは、カンファレンス「学生・関連団体トラック」の中に「学生部コーディネート」、バザールでも「日本Androidの会 学生部」として出展します!
カンファレンスでは、現役の大学の先生と入社3年目の若手ディレクターを学生部コーディネートとして招き、バザールではリアル学生の考える「タブレットでの最強の◯◯◯ ←詳しくは会場にて!」をさせて頂く予定です!

まだまだピッチピチの現役大学生の若いエネルギーをもらいにLet’s ABC2013Autumn!!!