FrontPage

日本Androidの会幹事たちにより執筆された技術評論社「SoftwareDesign」2009年03月號のAndroid特集の特設ページです。
本書内で説明不足であったり、補足事項などを記載しています。

現在、鋭意追加執筆中です。

お知らせ

3月に、「ワーキンググループ/Android-SDK」にて、本特集の第4章の執筆陣による本特集の勉強会を予定しています。
もちろん、技術評論社「SoftwareDesign」2009年03月號を参考書として利用しますので、売り切れる前に、是非お買い求め頂いた上で、参加していただければと思います。

第4章「仮想現実感」

まず、動かすには。

  1. JMFをインストールする
    1. JMF 2.1.1e Softwareより、入手してください。
  2. Webカメラを接続する
    1. JMFに対応しているものである必要がありますが、たいていの場合は、大丈夫です。
  3. カメラサーバを起動する
    1. ソースコードのWebcamBroadcasterディレクトリのWebcamBroadcasterを実行します。
    2. コンパイル済みのバイナリがおいてありますので、下記のように実行できます。
      1. java WebcamBroadcaster
  4. 母艦PCのIPを調べる
    1. Androidエミュレータは、qemu上で動いているため、「localhost」によるアクセスは出来ません。そのため、母艦PCに何かしらのIPアドレスが必要になります。
      1. プライベートIPでも構いません。
    2. 調査法は、Windows系であれば「ipconfig」、Mac/Linux系であれば「ifconfig」で調べることが出来ます。
  5. ソースコードのIPアドレスの設定を変更する
    1. res/values/strings.xml
      1. <string name="server_addr">192.168.86.1</string> の 部分を上記で調べたものに変更します。
  6. マーカーを印刷する
    1. res/raw/marker.jpg
      1. を、印刷してください。
    2. これを、カメラで写すと、3Dオブジェクトが表示されます。

表示させる3Dオブジェクトを変更する

  1. assetsディレクトリに、読み込ませたい3Dオブジェクトのデータをコピーしてください。
    1. メタセコイヤ形式ファイルに対応しています。
    2. Androidの制限により、1MBまでのファイルしか読み出せません。
  2. ソースコード「NyARToolkitAndroidActivity#onCreate()」
    1. mRenderer = new ModelRenderer(false, getAssets(), "chair01.mqo", 0.04f);
    2. の行をコピーしたファイル名に変更してください。
      1. 最後のfloat値は、倍率です。

G1やDev Phone 1で動かす

  1. res/values/strings.xml
    1. <string name="camera_name">jp.android_group.artoolkit.hardware.SocketCamera</string> を、<string name="camera_name">jp.android_group.artoolkit.hardware.Dev1Camera</string> に変更する。