#author("2016-12-10T09:07:51+00:00","default:android","android")
#author("2017-05-23T00:50:42+00:00","default:android","android")
* 日本Androidの会とは [#q4177b88]
本会は、Androidに興味を持つ人が集まるユーザーコミュニティです。~
Androidの普及を促進し、ビジネス系、技術系、デザイナー系の人たちに対してAndroidの注目度を上げることを目的としています。~
お気軽に参加していただければと思います。詳しくは[[入会方法]]をご覧下さい。~

**趣旨 [#hdfe7e10]
 Androidの普及を促進し、ビジネス系、技術系、デザイナー系の人たちに対して、Androidの注目度を上げること。
// Androidを盛り上げるため、ギーク・スーツ・デザイナーに対して、Androidに関するプレゼンスをあげること。

**設立趣意 [#v65dff30]
 私たちは、きたる2008年9月12日、「Android勉強会」の活動を継承・発展させて、恒常的なコミュニティとして、
 「日本Androidの会」を設立します。
 会の基本的な目的は、日本でのAndroidの普及と発展を図ることです。会はAndroid関連の技術情報を交流・蓄積し、
 Android開発者の養成と教育支援を積極的に行い、Android関連ビジネスの活性化を目指します。
 私たちは、様々な立場・関心からAndroidに興味をもつ、全ての開発者、ユーザー、個人、企業、
 コミュニティ個人・企業が、私たちのコミュニティに参加することを歓迎します。
 私たちが、Androidの登場を熱烈に歓迎してきたのには、理由があります
 第一に、Androidは、Mobile Deviceとしては初めてのオープンソースのプラットフォームです。
 オープンソースとしてのMobile Device プラットフォームという視点は、多くの人に、Mobile Deviceの新しい
 グローバルな展開の可能性を強く印象付けました。世界で一番の「携帯王国」である日本は、この分野で大きな役割を
 果たすことができるはずです。
 第二に、ネットワークの世界でのCloud Computingという新しいパラダイムの登場は、Cloudが提供する
 様々なサービスのViewerとしての新しいMobile Deviceの登場に、大きな期待を膨らませています。
 Androidは、単なる携帯電話ではありません。新しいMobile Deviceを通じて、私たちは、インターネットCloudに、
 いつでもどこでもどんな形でも、つながっていることが出来るのです。
 第三に、CloudとMobile Deviceという新しい枠組みの中で、新しいサービスとコンテンツのグローバルな市場が、
 飛躍的に発展する可能性があります。エンタープライズ向けのサービス、コンシューマ向けのサービス、
 個人向けのゲームやコンテンツ、さらにはそれらの流通の分野で、様々な展開が期待できます。
 ここでも、Androidのオープンな性格が、ビジネス発展のためにとても重要な条件となることに、多くの人が気づき
 始めています。
 第四に、Androidは、組み込みの標準的なプラットフォームとして利用可能です。携帯ばかりではなく、
 自動車、家電機器、事務機器等あらゆる分野で、ITとネットワーク利用が進んでいます。
 組み込み技術は、ものづくりの根幹の一つになりつつあります。ただ、この分野では、独自のフレームワーク、
 独自のプラットフォームが多数存在していて、技術や部品の経済的な共通化・再利用が進んではいません。
 この会の大きな特徴は、このように様々な観点からのAndroidへの関心が存在していることです。
 この会は、Androidへの多様な関心が交差し出会う、「場」となってゆくでしょう。日本には、
 エンタープライズを中心に優秀なIT技術者の層が厚く存在し、世界一のものづくりの実績があり、
 グローバルな競争力を持つコンテンツの蓄積があります。これら全てが、Androidのコミュニティで
 出会うのです。こうした出会いは、必ずや、大きなエネルギーを産み出すでしょう。
 来るべきCloudとMobile Deviceの時代に、私たち「日本Androidの会」が、グローバルな影響力を持つ
 技術とビジネスの革新に、寄与できることを確信しています。

**会則 [#hc38d354]
日本Androidの会は、この[[会則]]に従って活動しています。

**組織概要 [#bf981fd3]
- 会員
--http://groups.google.co.jp/group/android-group-japan
-運営[[スタッフ]](人数)
--[[コミュニティ運営委員長>石塚宏紀]](1)
--[[コミュニティ運営委員:http://www.android-group.jp/index.php?%A5%B9%A5%BF%A5%C3%A5%D5#e2cccd04]](98)
--[[コミュニティ運営委員:http://www.android-group.jp/index.php?%A5%B9%A5%BF%A5%C3%A5%D5#e2cccd04]](99)
//--[[幹事長:http://www.android-group.jp/index.php?%A5%B9%A5%BF%A5%C3%A5%D5#m7aa7092]](1)
-NPO
--[[特定非営利活動法人(NPO)日本Androidの会:http://sites.google.com/a/android-group.jp/npo/]]
//--特定非営利活動法人(NPO)日本Androidの会
-協賛

--[[NPO日本Androidの会 賛助会員企業:http://sites.google.com/a/android-group.jp/npo/sanjo-kaiin-risuto]]
//--NPO日本Androidの会 賛助会員企業
--[[イベント協賛企業]]
--[[協賛団体]]

-組織概要
#ref(androidnokai201104233.png);

**活動方針 [#z843e920]
***日本Androidの会 [#m52fbb2f]
-月に一度、何かしらのイベントを開催する予定です。
-[[スケジュール]]や[[イベント]]を更新していく予定ですので、参照してください。

***ワーキンググループと部 [#b7b4012a]
-有志が集って特定のテーマを元に活動しております。[[ワーキンググループ]]をご覧下さい。
-ワーキンググループと部の違いは、現在は特にありません。

**入会方法 [#p1be5a31]
-[[入会方法]]をご覧下さい。

**Android書籍活動 [#ffba511f]
-日本Androidの会に参加するメンバーで執筆や監修した書籍を出版しています。
-詳しくはを[[書籍活動]]ご覧下さい。

**お問い合わせ [#d2bc8880]
-info あっとまーく android-group.jp  へ、お願いいたします。
--「あっとまーく」を「@」に変更してください。