• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[勉強会]]

* Android勉強会 2008/10/6 [#q7400376]

- 日時: 2008年10月6日(月曜日) 19:00 - 21:00
- 場所: 秋葉原ダイビル12F はこだて未来大
- 定員: 80名
- 主催: 日本Androidの会・早稲田大学
- 協力: はこだて未来大学
- コンテンツ
-- T-Movile G1の発表 記者会見概要、および、その後の状況
-- Android 1.00(RC1)を迎えて
-- Android 1.0 SDK, Release 1を迎えて

** T-Mobile G1 [#laea1fed]
- 発表: 木南英夫(他数名)
** T-Mobile G1 情報 [#laea1fed]
- 発表: 木南英夫
- 概要
--9月23日にT-Mobileが、初のAndroid端末であるG1を米国内で10月22日に発売することを発表した。
勉強会では、この記者会見の内容を元に、どんな端末やサービスが利用可能になるのかの概略を説明します。その後、その内容を元に、この発表のどこにポイントがあるのか、また、今後、どのあたりがキーになっていくのかのディスカッションを行います。
- [[発表資料>./T-MobileG1]]
#ref(T-Mobile G1情報.pdf)
- [[参考ページ>./T-MobileG1]]

** Android SDK 1.00(RC1)を迎えて [#g1fbf6e7]
** Android 1.0 SDK, Release 1を迎えて [#g1fbf6e7]
- 発表: 江川崇
- 概要
--G1の発表と同時に、Android SDK 1.00(RC1)が公開されました。Android勉強会では、第1回目から数回にわたってAndroid SDKの基本的な要素について丸山先生より御説明頂きましたが、その時点でのバージョンはm5でしたので、現時点で最新のSDKとは異なる部分があります。そこで本セッションでは、丸山先生が御説明された内容から現状までを補完することを目的としたいと思います。ただし、SDKの変更点は細かなものも含めると数百以上の膨大な数に上るため、いくつかの興味深い重要なトピックに重点を置いて御紹介します(Sensor, Instrumentation+何点かを想定しています)。その後、今後1.00に向けて、足りない部分や、強化されてくる部分などについてディスカッションを行いたいと思います。
--G1の発表と同時に、Android 1.0 SDK, Release 1が公開されました。Android勉強会では、第1回目から数回にわたってAndroid SDKの基本的な要素について説明をしてきましたが、その時点でのバージョンはm5でしたので、現時点で最新のSDKとは異なる部分があります。そこで本セッションでは、以前の内容から現状までを補完することを目的としたいと思います。ただし、SDKの変更点は細かなものも含めると数百以上の膨大な数に上るため、概要を説明した後に、いくつかの興味深い重要なトピックに重点を置いて御紹介します(Sensor, Instrumentation+何点かを想定しています)。
その後、今後に向けて、足りない部分や、強化されてくる部分などについてディスカッションを行いたいと思います。
- 発表資料
#ref(android_study_meeting_20081006_SDK10.pdf)


** 申込み [#tadff737]
申込みは以下URLよりお願いします。申込みは先着順とし、定員になり次第締め切ります。ご了承ください。
申込みは締め切りました。たくさんの申込みありがとうございました。

https://www.c-sq.com/modules/eguide/event.php?eid=50