リリース

ABC 2017 Spring 東海大学高輪キャンパスで5/28開催

2017年4月6日
日本Androidの会
第15回を迎える国内最大級のAndroid関連イベント
「Android Bazaar and Conference 2017 Spring」
東海大学高輪キャンパス(東京・港区)で
5月28日(日)に開催

日本Androidの会(運営委員長:石塚 宏紀)および特定非営利活動法人日本Androidの会(理事長:嶋 是一)は、5月28日(日)に東海大学高輪キャンパスにて「Android Bazaar and Conference 2017 Spring (ABC 2017 Spring)」を開催します。
東海大学高輪キャンパスでは、ABC2014 Winter以来2年6ヶ月ぶりの開催となり、通算15回目のABCとなります。
この度、開催情報と参加申込ページを公開いたしましたので、開催趣旨・開催概要と、現在募集の事項(バザール出展者募集、運営スタッフ募集)、メディアスポンサー募集について、併せてお知らせ申し上げます。

テーマ
MR/VR、AI、 IoT時代のユーザ体験、現在、過去、未来

2016年は、様々なモノが世に出た年でした。特に注目すべきは次の3つのことです。DaydreamやHoloLensに代表される「VR/MR機器」、機械学習をベースとした「AI」、そして、BLEデバイスやドローンなどの「IoT機器」。
2016年は、VR元年と呼ばれた年で、Oculus RiftやHTC Viveに加え、HoloLens、Daydream、PlayStation VRが発売されました。一方で、様々なソフトウェアの開発も進められ、魅力的なコンテンツが多数ユーザの元に届けられるようなってきてます。
また、2016年3月のAlphaGoの勝利は記憶に新しく、これにより機械学習が脚光を浴びることになりました。その後、TensorFlow、ChainerやCaffeなどの機械学習系のライブラリを利用したサービスの開発が始まりつつあります。機械学習自身は非常に多くの計算を必要とするものの、その学習の結果の利用は少量の計算で済み、Android端末やiPhoneなどで活用することが可能となり、今後はユーザの手元に機械学習を利用したアプリが増えていくことが予想されます。
さらに、様々なIoT機器が現代の社会で使われようとしています。例えば、屋内での位置測位を目的としてBLEデバイスはサービス提供の起点として利用され、農業と空撮を主とした安全なドローンがもたくさん開発されています。
これらの新しい技術は、着々と私たち手元に、そしてAndroid端末に届こうとしています。しかし、これらのモノは決して一朝一夕にできあがったモノではありません。過去に様々なモノが発売され、人々に利用され、忘れ去られた上に、できあがっているのであります。
過去にあったコトを知り、現在の状況を見据え、未来に新しきモノを作り出すために、「VR/MR、AI、IoT時代のユーザ体験、現在、過去、未来」と題して、Android Bazaar and Conference 2017 Spring (ABC2017S)を 2017年5月28日(日)に東海大学高輪キャンパスで開催します。過去にあった様々なモノによるユーザ体験、それがどのように現在につながっているのかを確認し、2017年5月に開催予定のUnite Tokyo、de:code、Google I/Oの内容を踏まえ、今後人々が得られるであろうユーザ体験について、できる限り多くの方に知ってもらえればと思います。
バザール展示では、VR/MR、AI、IoTに関係する会社だけでなく、コミュニティ、日本Androidの会地方支部やワーキンググループも参加していただくことで、バザール・カンファレンスを通じて多くの人々の交差点となり、新しきモノが作り出されることを切に期待してやみません。


★開催概要
・イベント名称  Android Bazaar and Conference 2017 Spring
         (ABC 2017 Spring)
・日時      2017年5月28日(日)10:00〜 18:00 (予定)
・会場      東海大学高輪キャンパス(東京都港区高輪2-3-23)
・参加費用    無料
・主催      日本Androidの会・特定非営利活動法人日本Androidの会
・公式サイト   http://abc.android-group.jp/2017s/
・参加募集ページ(connpass)
         https://japan-android-group.connpass.com/event/52286/
・Twitter     @androidgroup_jp ハッシュタグ #ABC2017S
・Facebook 日本Androidの会ページ
         https://www.facebook.com/JapanAndroidGroup

※ ご来場者様専用の駐車場・駐輪場はご用意しておりません。会場へお越しの際は、できるだけ電車・バスなどの公共交通機関をご利用ください。(会場最寄駅は、東京メトロ・都営地下鉄 白金高輪駅、都営地下鉄・京浜急行電鉄 泉岳寺駅、JR東日本・京浜急行電鉄 品川駅です)

★参加登録について
ABC 2017 Springは入場・参加料無料ですが、来場受付を円滑に行うため、事前の参加申込を頂いております。只今、一般参加登録・来場者登録を受付中です。

以下の参加申込フォーム(connpassの参加募集ページ)に必要事項を入力の上、ご登録くださいますようお願い申し上げます。
https://japan-android-group.connpass.com/event/52286/

★バザール出展者募集について
只今、バザール(展示)の出展者を募集しています。
締め切りは、4月25日(金)までです。募集定数オーバーの場合、早期に締め切る場合があります。

募集要項の詳細は、以下の出展申し込みフォームのページをご覧ください。
https://goo.gl/forms/YrQRo4cmBvGSvWLf1

★イベント運営スタッフ(実行委員)募集について
ABC 2017 Springの開催にあたり、開催準備と当日の会場運営にご協力いただけるABC 2017 Spring運営スタッフ(実行委員)を募集しております。
募集要項の詳細は、以下の運営スタッフ募集ページをご覧ください。
(5月10日(水)締め切り予定)
https://goo.gl/forms/3z4zLHe0oTxqq1yF2

★メディアスポンサーについて
イベント運営スタッフグループでは、ABC 2017 Springのイベント開催に関する、事前または事後の報道にご協力していただけるメディアスポンサー様を募集しています。

 【メディアスポンサー 募集要項】
  ● 告知協力について
   スポンサードいただく場合には、ニュースやメールマガジンなどでの開催告知協力をお願いしております。
  ● 提供させていただくスポンサー枠について
   掲載順序はお申込み先着順となります。
  ● ロゴデータについて
   ・バナーサイズ:横200px×縦100px 背景は白、枠線無し
    (cssの設定で周囲にグレーの枠線が入ることがあります)
   ・バナー画像形式:png / gif / jpg のいずれか。(swfは不可)
   ・バナーを作れないという団体様は、ai / png / gif / jpg/ psd いずれかのロゴデータ(背景は 白もしくは透過)
    をお送りください。
    (当方でバナーを作成する場合、サイトへの掲載にお時間を頂きます。)

メディアスポンサーお申込みは下記電子メールアドレスまでお問い合わせください。また、団体会員への告知などにご協力いただける協力団体様、イベントスポンサー等もあわせて募集しております。
→E-mail: abc_info@android-group.jp

※「Android」はGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

<日本Androidの会について>
日本Androidの会は2008年9月に設立した、日本におけるAndroidの普及促進を目指すコミュニティです。
その目的を達成するため、日本Androidの会には、開発者だけではなく、Androidに興味をもつすべてのユーザーが、法人・個人を問わず参加できるようになっており、会員数は20,000人を突破しました。現在の主な活動として、メーリングリストの運営、イベント・勉強会の開催、執筆活動等を行っています。

日本Androidの会 公式WEBサイト
http://www.android-group.jp/
Facebook 日本Androidの会ページ
https://www.facebook.com/JapanAndroidGroup

<本リリースに関するお問い合わせ先>
 E-mail: abc_info@android-group.jp
※ 電話でのお問い合わせは受け付けておりません。予めご了承ください。

※ 本プレスリリースと同一文章のPDFファイルを添付しております。

添付ファイル: fileabc2017s-press1.pdf 900件 [詳細]