勉強会/2010年8月のイベント

日本Androidの会 2010年8月のイベント

日本Androidの会、8月定例会を次の要領で開催いたします。

特に注目してほしいのは、DoCoMoさんから発売される予定の、Galaxy SのTouch & Tryです。是非、Androidのフラグ・シップ機と目されているGalaxy Sを体験してください。 皆様の参加をお待ちしています。

  • 日時: 2010年8月9日(月曜日) 19:00 - 21:00
  • 場所:東京大学駒場第二キャンパス コンペンションホール(駒場第二キャンパスまではこちら
  • 定員: 300名(応募多数の場合は抽選となります)
  • 参加費: 無料
  • 主催: 日本Androidの会・東京大学 生産技術研究所 瀬崎研究室・東京大学 空間情報科学研究センター
  • 講演者
    • 飯塚 康至さん(ビジネスブレークスルー大学専任講師/株式会社エイシーエル)
    • KUGOさん
    • 丸山 不二夫さん(早稲田大学大学院客員教授)
  • 資料: 配布は行いません。ご了承ください。

第一部 サムソン Galaxy S Touch & Try

  • 19:00-19:30 サムソン Galaxy S Touch & Try
  • 19:30-19:50 休憩

当日、確保できるGalaxyの数が、10台程度と少ないため、 休憩時間を超えて、講演中も、Galaxyを参加者に回そうと 思っています。少し、落ち着かないところがあると思いますが、 ご了承ください。

第二部 Androidマーケットに有料アプリを!

  • 19:50-20:10 「Made in Japanアプリを世界に」
講演者
飯塚 康至さん (ビジネスブレークスルー大学専任講師/株式会社エイシーエル)
講演アブスト
日本からAndroidMarketを通じて有料配信ができるようになってから半年以上が 経過しました。この間、いくつかのアプリケーションを有料で公開しました。 その知見を元に、今後、マーケットの可能性や収益化にあたり今後取るべき 戦略についてお話します。
資料
  • 20:10-20:30 「そこそこ売れてる有料アプリから見る有料アプリの現実と課題」
講演者
KUGOさん
講演アブスト
「カレンダーステータスバー」というアプリを2月末に公開して、約5ヶ月でやっと(笑) 3000ダウンロードを超えました。 本アプリのダウンロード数の推移、国地域ごとのダウンロード比率などから見る 日本人開発者による有料アプリの現実と、公開前にはまったく想定していなかった 有料アプリの大変な部分についてご紹介いたします。
講師プロフィール
SE、ITコンサルトを経て、現在はフリーで活動中のデベロッパー。 Androidマーケットにて、降水確率ステータスバー、Ks Launcherなどを公開中。
資料

第三部 C2DM

  • 20:30-21:00 「C2DM(Cloud to Device Messaging)について」
講演者
丸山 不二夫さん(早稲田大学大学院客員教授)
講演アブスト
Android2.2 Froyoで導入された、Cloud to Device Messaging Frameworkは、 Androidの利用スタイルに、大きな変化をもたらす可能性があります。 講演では、C2DMの概要について紹介します。
資料

googleページ翻訳版 filec2dm.pdf

最新版 filec2dmMaru.pdf

 申込み

  • 申し込みは終了しました。たくさんの申し込みありがとうございました。

懇親会

懇親会会場
「TRIP 下北沢 イタリアンダイニングバー」

お店情報

地図

イベント会場から懇親会会場までの道案内

値段
3000円 8品料理(ボリュームあるものをこちらでチョイス) + 飲み放題
時間
21時30分〜45分ぐらいをスタート(最悪でも10時スタート)
住所
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-8-8 NSビル3F

お問い合わせ

info あっとまーく android-group.jp へ、お願いいたします。 「あっとまーく」を「@」に変更してください

添付ファイル: fileteireikai100809.pdf 4139件 [詳細] filec2dmMaru.pdf 3504件 [詳細] filec2dm.pdf 6096件 [詳細] file飯塚氏定例会資料.pdf 3050件 [詳細]