ワーキンググループ/ハンズオンセッション

Android SDKのインストール手順

Android SDK

 Android SDKとは、DoCoMo HT-03AなどのAndroid端末で実行可能なアプリケーションを開発するための、ソフトウェア開発キット(Software Development Kit:SDK)です。

 AndroidのSDKは、すべてオープンソースのソフトウェアで構成されていますので、無償でダウンロードして使用することができます。Androidのアプリケーションは、Java言語で開発を行います。開発環境には、Eclispeを使用します。開発用のホストPCは、Windows、Mac、Linuxがサポートされています。

 開発は、エミュレータを使用することで、実際のAndroid端末がない状態でも、ほとんどの部分の開発を行うことが可能です。また、このSDKを利用することで、実際のAndroid端末上での開発を行うこともできます。

 現在、このSDKで開発可能な、日本で入手できるAndroid端末には、以下のような機種があります。

  • Google Developer Day Phone (GDD Phone)
    • 2009年6月9日に行われたGoogle Developer Dayで配布された端末。非売品。日本国内の使用基準の認可済み
  • NTT DoCoMo HT-03A
    • 2009年7月10日に発売された端末。
  • Android Developer Phone 1 (Dev Phone 1)
    • Androidマーケットに開発者登録を行うことで、米国からクレジットカードで購入可能。
    • 日本国内の使用基準の認可がないため、WiFi通信や通話などは行ってはいけない。

 このほかにも、多くの組み込み用のボードPCなどで実行が確認されています。

インストール手順の概要

 SDKをインストールするには、Java SE Development Kit (JDK)、Eclipse、Android SDK、Eclipseプラグインのインストールが必要です。

以下、Windows環境を例に、セットアップの説明を行います。

Java SE Development Kit(JDK)のインストール

Sunのサイトから、Java SE Development Kit (JDK)をダウンロードしてインストールします。

http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

JDK.jpg
  • 最新の安定板(2009年6月現在は「JDK 6 Update 14」)をダウンロードします。
  • プラットフォームでWindowsを選択し、ライセンスに同意にチェックして、「Continue」をクリックします。
  • jdk-6u14-windows-i586.exeをクリックして、ダウンロードします。もしくは、Sun Download Managerを使用してダウンロードします。
  • ダウンロードしたファイルを実行します。インストーラーの指示に従って、インストールを行います。

コマンドプロンプトを新たに立ち上げて、「java -version」と打って、インストールしたバージョンが表示されることを確認しておきましょう。

Eclipseのインストール

Eclipseは、バージョン3.3(Europa)、もしくは、バージョン3.4(Ganymede)が必要です。

Pleiades.jpg
  • 日本語化されたEclipseを使用する場合には、Pleiades (プレアデス)のダウンロードページからダウンロードしてください。
    • Pleiades All in One 日本語ディストリビューションを選択して、Javaのパッケージをダウンロードします。
  • オリジナル使用する場合には、Eclipseのダウンロードページから、ダウンロードしてください。
    • Java開発用のパッケージである「Eclipse IDE for Java Developers Windows」を選択して、ダウンロードします。
  • ダウンロードしたファイルを、「C:\eclipse」などのディレクトリーに展開します。
  • 「C:\eclipse\eclipse.exe」をダブルクリックすることで、eclipseが起動されます。Welcomeの画面が表示されれば完了です。
    • 次回からの起動のために、デスクトップなどにショートカットを作成しておくと便利です。

Android SDK のインストール

Android.jpg
  • 最新の安定板(2009年7月現在はAndroid 1.5 SDK, Release 3)を、Android SDKのダウンロードページからダウンロードします。
  • 入手したandroid-sdk-[windows or mac_x86 or linux_x86]-1.5_r3.zipを、お好みのディレクトリに展開します。
    • (たとえば、C:\android\android-sdk-windows-1.5_r3など)
    • 以下、展開したディレクトリーを<your_sdk_dir>と表現します。
  • Android SDK のツールを使用するために、PATH環境変数を設定します。
    • Windows Vistaの場合には、メニューからコントロールパネルを開き、「システムとメンテナンス」の中の、「システム」を選択します。左のタスクの「システムの詳細」を選んで、開いたウィンドウの環境変数の中の、path環境変数に「<your_sdk_dir>\tools」を設定します。
    • Windows XPの場合には、スタートからコントロールパネルを開き、「パフォーマンスとメンテナンス」の中の、「システム」を選択します。「システムのプロパティ」ウィンドウが開くので、「詳細設定」タブの「環境変数」ボタンをクリック、path環境変数に「<your_sdk_dir>\tools」を設定します。
  • Mac, Linuxの場合には、~/.bash_profileなどに、以下の宣言を追加します。
    export PATH=${PATH}:<your_sdk_dir>/tools

ADTプラグインをインストール

ADT(Android Development Tools)プラグインとは、Eclipse上でアンドロイドのアプリケーションを開発するためのプラグインです。EclipseのGUI画面からインストールの設定ができます。

以下は、Eclipse 3.4 (Ganymede)の例です。

AddSite.jpg
ADT.jpg
  • 「Help」メニューの「Software Updates」を選択
  • 「Available Software」タブの「Add Site」ボタンを選択
  • 開いたテキストボックスに「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力
  • 「Developer Tools」をチェックして、「Install」をクリック
  • 「Install画面」の「Android Development Tools」と「Android Editors」の両方がチェックされていることを確認して、「Next」を選択
  • ライセンスを確認して、「I accept the terms of the license agreements」を選択して、「Finish」を選択
  • インストールが終了後、Eclipseをリスタートする

ADTプラグインのインストールが終わったら、ADT に Android SDK のディレクトリーを設定する必要があります。この設定は、Eclipseのメニューからで行います。

Preferences.jpg
  • 「Window」メニューの「Preferences」を選択
  • 「Android」を選んで、「Android Preferences」の画面を表示
  • 「Browse」ボタンを押して、「SDK Location」に<your_sdk_dir>を設定する

Android Virtual Devices (AVDs) の作成

Android Virtual Devices (AVDs) とは、エミュレートする端末毎の構成を指定して作成した、エミュレータの実行環境です。以下のような構成を指定することができます。

  • ハードウェア構成: カメラ、キーボード、メモリのサイズなど
  • システムイメージのバージョン: SDK 1.1や、SDK1.5といったバージョン
  • そのほかのオプション: エミュレータのスキンや、スクリーンのサイズ、SDカードなど

SDK1.5で、Google Mapなどが使用できる、SDK15という名前のADVを作成するには、以下のコマンドを実行します。

android create avd -n SDK15 -t 3 -c 128M

コマンドの詳細は、AVDsのリファレンスマニュアルを参照してください。

エミュレータの実行

ADVsが作成できたら、アンドロイドのエミュレータを実行してみましょう。

Emulator.jpg
  • Toolsディレクトリーのemulator.exeをコマンドラインのプロンプトから起動します。
    sdk_dir> emulator @SDK15
    • 最初の起動は、領域の初期化が起動されるので、5分以上かかる場合があります。2回目以降も、マシンの速さによりますが、1,2分(Intel(R) Core(TM)2 Duo 1.20GHz Memory 2Gの場合)くらいかかります。
  • 画面が表示されたら、右下の「Allボタン」を押して、インストール済みのアプリケーションの一覧を表示してみましょう
    • まず、「Browser」と書かれたボタンを押して、ブラウザを表示してみましょう。初期状態では、Googleのページが表示されるようになっています。ネットワークに接続されているPCであれば、このブラウザから実際に検索を行うことができます。

添付ファイル: filehelloandroid.png 1518件 [詳細] fileinstall.jpg 1220件 [詳細] filerunas.jpg 1069件 [詳細] fileproject.jpg 1039件 [詳細] fileeclipse.jpg 1062件 [詳細] fileavd.jpg 1111件 [詳細] fileinitialerror.jpg 979件 [詳細] filefilenewother.jpg 1036件 [詳細] filePreferences.jpg 5342件 [詳細] filePleiades.jpg 3544件 [詳細] fileJDK.jpg 3356件 [詳細] fileEmulator.jpg 3527件 [詳細] fileAndroid.jpg 3257件 [詳細] fileADT.jpg 4917件 [詳細] fileAddSite.jpg 3355件 [詳細]