開発

※講演内容、講演時間は予告無く変更される場合があります。ご了承下さい。

開発

10:00
C会場(28号館 113教室)
アプリリリース後に後悔しないための20のこと
曽川義英
チームEGG
赤峰義明
チームEGG
【 講演内容 】
Androidアプリをリリースした後には、GooglePlayで様々な評価・コメントが付けられます。 その評価によってアプリに対するモチベーションは変わってきます。 本発表では、後悔してしまいそうなGooglePlayのユーザレビューをもとに話を進めていきます。 その中で「◯◯が動かない」、「この機種だと◯◯が使えない」、「レイアウトが崩れて見づらい」 などのコメントに対してどう対処すればよいのかご紹介いたします。


講演資料を読む
講演動画 ]
11:00
C会場(28号館 113教室)
Vuforia 2.0によるスマートフォンARアプリ開発と商用事例紹介
渡辺 潤
クアルコムジャパン
【 講演内容 】
スマートフォンの高性能化と通信速度の高速化に伴いモバイルARを用いた表現力とリアルタイム性の高いサービスの提供が可能となりました。この講演ではクアルコムが提供するスマートフォンAR開発プラットフォーム(Vuforia 2.0)の概要説明と最近追加された新機能(クラウド認識、ユーザー定義ターゲットなど)のご紹介、そしてVuforiaクラウド認識機能などを活用した商用サービスをカバーさせて頂きます。


講演資料を読む
講演動画 ]
13:00
C会場(28号館 113教室)
開発からプロモーション、収益化、分析まで 〜アプリに必要な物は Google にある〜
坂本 達夫
グーグル株式会社オンラインパートナーシップグループ ビジネスデベロップメントマネージャー 2011年9月にGoogleに入社し、AdSense および AdMob のパートナーシップ開発営業を担当。特にサイト運営者様やアプリ開発者様に対し、収益化に関する提案等を行う。また、Google のビジネスソリューションに関するセミナーの講師も多数おこなっており、ABC 2012 Spring 以来全ての回に登壇。
【 講演内容 】
アプリについて何かお困りですか? Google はアプリ開発者様の包括的なサービスを目指しています。 そこで、今回のセッションでは現在 Google が アプリ開発者様向けに提供しております様々なプロダクトをご紹介します。クラウドプラットフォームからアプリのプロモーション、収益化、そして解析に至るまで 、アプリについて何かお困りの場合は今回のセッションを通じてきっと解決策が見つかります。

14:00
C会場(28号館 113教室)
『DeployGate気になってる奴ちょっと来い!』
井上 恭輔
株式会社ミクシィSoftware Engineer
【 講演内容 】
Androidアプリ、開発されてますか?開発者たるもの、お仕事でも趣味でも、開発の本質に集中したいですよね。日々のAndroidアプリ開発を、もっともっと生産的にするために「DeployGate」は生まれました。DeployGateはAndroidアプリの実機テストを全力で支えてくれる、とても便利なプライベート配信サービスです。ひとりからチームまで、Androidアプリ開発における「隠れたコスト」をこの世界から消し去るための数々のノウハウを、ミクシィのAndroidアプリ開発の実際の体験を交えつつご紹介します。


講演動画 ]
15:00
C会場(28号館 113教室)
Androidにおけるテストに関して〜デバイスをどう選択するか〜 abc2013s
橋本 泰
株式会社Zucks Android Application Engineer
【 講演内容 】
ICT ERA + ABC 2012 東北で登壇させて頂いた下記資料の最新情報版+α  http://www.slideshare.net/hashimotohiroshi1981/android-14813733


講演資料を読む
講演動画 ]
16:00
C会場(28号館 113教室)
新生アンドロイダーについて
佐藤 進
アンドロイダー株式会社 エヴァンジェリスト
【 講演内容 】
日本最大のAndroid情報サイト『アンドロイダー』 は、不正アプリ防止を強化し、 安心で楽しいアプリを見つけ、育て、品質を保ち続けることを目的とした “みんなでつくるアプリ情報サイト” へバージョンアップ致しました。 運営方針を刷新して半年、4,000アプリのセキュリティチェックや、 1,300デベロッパーの実在性の証明を実施して見えてきた セキュリティに対するデベロッパーとユーザーとの意識の乖離や、課題を共有いたします。 また、デベロッパーとユーザーの建設的なやり取りによるサイト内でのアプリ成功例もご紹介いたします。 今後のアプリに対するセキュリティ問題への意識の高まりに伴い、 どこよりも早くユーザーの信頼を勝ち得るための一助となる講演を行ないます。